費用の内訳|バイク引取り&車査定の依頼時のポイント【廃車に関する情報も公開】

廃車にする際にどのようなことに料金がかかるのか記載しています

費用の内訳

ハンドルを握る人

廃車にするためにかかる料金

廃車にする際、様々な料金がかかります。その費用にリサイクル料金というものが含まれています。平成17年にリサイクル法が施行されたため、車検を平成17年2月以降に通した車であれば、自動的に車検時にリサイクル料金を徴収されています。もし平成17年以降に車検を通していなければ、廃車する時にリサイクル料金を支払う必要があります。車種により値段が異なりますので確認しておきましょう。

廃車手続きにも費用がかかる時がある

廃車にするためには、廃車手続きを陸運局へ申請します。この手続きは自身でも行うことができますが、業者へ代行を依頼することも可能です。その際に申請手数料が発生します。大体6000円程度かかると思います。自身で申請する際は無料で行うことができます。申請するのを手間に感じたら業者へ依頼してもよいでしょう。

業者に引き取ってもらう際にも費用がかかる

業者へ処分を依頼する際に、業者が車を引き取る場合は引き取り費用が発生します。その費用は移動距離によって異なります。なお業者側へ対象の車を自分自身で持っていける場合は引き取り費用は発生しません。引き取った後は業者側で解体を行います。この解体作業自体にも費用が発生しますので、頭に入れておきましょう。

廃車完了までに様々な料金がかかる

上記のように廃車が完了するまでに様々な料金がかかりますので、何かと費用が高くなりがちです。廃車手続きを自身で行うことにより申請手数料をカットすることができますので、なるべく費用を抑えたい場合は自分自身で申請手続きをするようにしましょう。また、業者へ自身で車を持ち込むことができる場合は、持ち込んだ方がさらに費用を抑えることができます。

廃車にする際によくある質問

所有者が亡くなった場合でも廃車にできますか?

所有者が亡くなっている場合は代理で廃車をすることが出来ます。車検証や所有者の免許証のコピーなどの必要書類を揃えて陸運局へ廃車手続きを行いましょう。その他の必要書類は陸運局の方が教えてくれると思いますので、確認してみましょう。

自動車税が未納になっていますが廃車にできますか?

自動車税が未納になっても廃車にできますので、通常通り廃車手続きをして廃車しましょう。廃車の手続きが完了したら、陸運局から未納になっている分の支払い請求書が送付されますので、請求書が届いたら自動車税を収めましょう。

名字を変更していますが廃車にできますか?

結婚などの理由で名字が変わってる場合でも廃車にできます。車の所有者名義の氏名を変更していない場合は、本籍がある役所から戸籍抄本や戸籍謄本が必要になります。また転居している場合は戸籍謄本と戸籍附票が必要になります。